ブログ

ビルダー教室講師のブログです。

ブログ一覧

麻の着物を綺麗に着るコツ

麻の着物も、盛夏だけの贅沢なオシャレ。
しかし麻を綺麗に着るにも、やはりコツがあります。麻の難しさは以下の2点です。

●生地が薄くてシワが出来やすい
●生地に張りがあるため、そのシワが形状記憶のように残る

シワがつきやすいだけではなく、残るんです。
腰紐やコーリンベルトを何度もやり直すと、その回数だけシワに残るということです。
また、そのシワの分、生地が持ち上がってしまうために着姿が崩れやすいのです。

この特性を考慮して、綺麗な着姿を目指しましょう❣️

2019年08月03日

夕顔の本当の顔は

心あてにそれかとぞ見る白露の光そへたる夕顔の花

白い扇子にこのような歌を書き、

夕顔の花を教えて光源氏に渡した…夕顔

ただひたすら男性に尽くす。

身分の高い男性二人の心をつかみ、

たとえ男性が他の女性と会っていても、

文句も言わず愛を捧げる女性、夕顔、

しかし 彼女の心の奥には、

大変深い悲しみを抱いてます。

夕顔の心の闇を探ってみると… 

それは! 


会員のページより

 

2019年08月02日

色んなタイプの長襦袢 ③麻の長襦袢


今日は麻の長襦袢を着ています。
私は肌が弱いため、麻の長襦袢を何となく敬遠していました。ゴワゴワするんじゃないかと思っていたのです。実際には、多少のゴワつきはあるものの、肌が炎症を起こすほどではありませんでした。

今日は7/31
本日の気温32度
ただいまの時間AM 10:00

暑いです🥵💦
長襦袢の検証にはもってこいの条件🙂
さて、麻の長襦袢のメリット、デメリットは以下の通りです。

《メリット》
●放湿性


《デメリット》
●ゴワゴワしている
●麻の着物にしか合わせてられない
●襟元が決まらない
(表面の布がフニャフニャしている)
(生地自体にボリュームがあり過ぎて着物の襟から盛り上がってきてしまう)


う〜ん、
どうしても辛口になってしまいますねー🤔
あまりにも襟元が決まらないものですから…
茶道に携わる者としてはオススメしかねます。
麻の長襦袢の襟元はこんな感じ👇



表面がフニャフニャしています。
その割にボリュームがあり、着物の襟から飛び出しています。かなり気を付けて着たのですが、半襟が立ち上がってしまいました。
これでは、茶道のお稽古には不向きですね。


…と辛口が続きましたが、メリットにも目を向けてみましょう。
『放湿性』と書きました。
この放湿性はすごいです‼️
これはすごい。

先ほど、32度の街中を歩きました。
残念ながら暑い現場で涼しさを感じることはありませんでした🥵💦
が、クーラーの効いた部屋に入った途端に、身体中の汗と湿気がスーッと放散されていくのが分かりました。これは今まで試した素材にはない涼しさでした!驚きました。

私の結論は…
ごくごくカジュアルな場でのオシャレなら、あり❣️
です😊

今日は麻づくし。麻の長襦袢、麻の着物、麻の帯。







2019年07月31日

風炉の流し点

流し点のおじ服のいただき方には、独特の作法があります。そして仕舞方も大変ユニークです。動画でポイントをまとめてみました。
流し点のように相手と正面を向き合っていただくということは、自分の弱点である心臓を相手にさらけ出すということなので、よほど信頼のあるもの同士でないとできない行為だと思います。
何しろ当時は戦国時代でしたから、しかし人間の本能は相手と正面から向かい合う姿勢は、対決姿勢になってしまいます。
そこをあえて正面から向かい合ってお話ができるということは、心と心を許し会った中だからできるのですね。

2019年07月31日

源氏物語あげまんの女

花散里の魅力について、光源氏が本当に心を許した女性は、花散里です。
姉は麗景殿の女房なので、位は非常に高いのですが、六条御息所とは違って、自然体で生きてきたそのオーラに、光源氏は癒されたのでしょう。
当時の美人の条件は、黒上で和歌が上手、漢詩が読めることでしたが、花散里は夕霧が気の毒に思えるほど美貌に恵まれなかった女性、それは紫式部とどこか似ているのです。
しかし光源氏に最も愛された女性の一人なのです。その秘密は…

 

2019年07月31日
» 続きを読む